ディックのサイトです。
存在 シティ 理解 個人 キャッシュ サーボ 受付け 加盟 Yesterday 事業 会い 改造 注目 ローズ 申請 聞き ブログ 消費 個別 自動車 停止 ちょっと 確認 ナビゲーション 汎用 コミュニティ 一覧 バリュー エステティックサロン 制御

お昼とは?/ ディック

[ 79] 職場でのお昼ごはん、あなたはどうしてる? | エキサイトニュース
[引用サイト]  http://www.excite.co.jp/News/bit/00091170310564.html

職場などで一緒に昼ごはんを食べる相手がいないことを過度なストレスと感じる「ランチメイト症候群(ランチタイム症候群)」の人が増えているらしい。そういえば、篠原涼子主演でいま話題のドラマ『ハケンの品格』にも、加藤あいと板谷由夏が「ひとりでランチできない」というエピソードがありましたよね! ひとりランチがイヤなあまり、派手めの派遣女子社員グループに入って2,000円もするランチを余儀なくされたり、後輩におごってあげることでやっとランチを共にしてもらったり……とても人ごととは思えなかったという人(私ですが)もいたのではないでしょうか。この症例、ひどくなると一人で食事をする姿を同僚に見られないようトイレなどに隠れて食べたり、それが原因で仕事を辞めることさえあるんですってよ! そこで、周囲の会社勤めをしている20〜30代の友人知人(男女各20名ずつ)に職場でのお昼ごはんをどうしているかアンケートをとってみました。もちろん、日によってまちまちという人もいるので、トータルに考えていちばん多いパターンはこれだ、というものを選ぶ方式に。まず、女子の場合。1位…お弁当、パンなどを同僚と社内で食べる…7名2位…同僚と外食する…6名3位…お弁当、パンなどをひとりで社内で食べる…3名4位…社員食堂で同僚と食べる…2名4位…ひとりで外食する…2人という結果に。新人のときほど同僚と群れる傾向にあり、同じ職場にいる年数やポジションが上がるにつれ「ひとりランチ」もじょじょに平気になる傾向にあるようだ。ちなみに、3位の「お弁当、パンなどをひとりで社内で食べる」と回答した人はいずれも接客業で、スタッフが交代でお昼を食べなければいけないのでおのずとひとりになる……といった事情もあるようでした。なお、某大企業に勤める知人などはお昼ごはんを食べにいく相手をメール等を駆使して朝からキープしておいたり、いつも一緒に食べている子が病欠のときなど「お昼ごはん、どうしよう??」と、心配のあまり仕事がなにも手につかないことさえあるらしい。いずれにしても、やはりランチタイムも就業時間内と考え、ひとりの時間を満喫するよりはなるべく同僚とコミュニケーションをとろうとする傾向にあるようだ。一方、男子の結果。1位…同僚と外食する…8名2位…お弁当、パンなどをひとりで社内で食べる…6名3位…ひとりで外食する…4人4位…お弁当、パンなどを同僚と社内で食べる…1人4位…社員食堂で同僚と食べる…1名といった感じ。男子は女子が感じるほどの「ひとりランチは御法度」的プレッシャーは感じていない印象を受けた。ところで、このテの話題が出ると必ず「大人なんだから、ランチくらいひとりで食べれば?」といった意見を述べる人がいるが、プライベートでいくら「おひとりさま」が大好きな人でも、職場での限定された1時間をどう過ごすかということはまた別問題という気はする。いつもひとりでランチをとっていると「◯◯部の◯◯さんって、〜〜らしいよ」といった社内の噂話や、上層部あるいは得意先の動向など知っておいたほうがいい裏情報もまったく入ってこなさそうだし。第一、会社という集団に属していながら、まったく人目が気にならないなんて人はいないだろう。たかがランチ、されどランチ、なんですね。あなたは職場でのお昼ごはん、どうしてます?(ランチの女王)
 エキサイトブログユーザーならブックマークレット機能を利用してこのページにトラックバックできます。

 

[ 80] お昼ごはんたべた
[引用サイト]  http://todayslunch.cocolog-nifty.com/

土佐犬動画に関する情報は当サイトにお任せください! (土佐犬動画に関する情報は当サイトにお任せください!がいっぱい)
オープンしたころは、イートインでも紙の器などを使っていましたが、まもなくきちんとしたプレートを使うようになり、
ランチはいつも4種類くらいを用意。魚を使ったメニューは早めに行かないと売り切れになっていることも…。
映画ウンチクJUNO☆☆☆高校生のジュノが妊娠。ジュノはその事実の呆然とするものの淡々とその先を考えていく。アメリカではよくある養子。そのカップルを見つけて、でもジュノは自分の子どものことを考えて、その家にちょくちょく通うことに。そして、起こるさまざまなできごと。悩む。それでもジュノはまた明日を生きていく。養子に出す…というような感覚は、いかにもアメリカで、なかなか日本人としてはよくわからない部分もあるにはありますが、ジュノの気持ちの部分は、わかるような気がします。おいしいブログそろってます→ いつも遊びにきていただきありがとうございます。気に入ったら1クリックお願いします
ベーグルがそれほど知名度のないときに「ベーグルが食べたい! 」と思ったときにわざわざ出かけた街が自由が丘でした。
ニューヨークのベーグル。船便が遅れていて、現在販売を中止しているとのこと。到着するのは来週くらいとのこと。
チキンはガランマサラのスパイスが刺激的。やわらかくてジューシーなチキンがスライスされて、そしてたっぷりと挟んであるのがウレシイ。
昨年の12月にファーストプレイス横浜というマンションが建ち、その2階に何件かの飲食店がオープンしています。
カツオのたたきは、ポン酢醤油の上にカツオ、タマネギとカイワレトッピング。マヨネーズも添えてあります。
映画ウンチクザ・マジック・アワー☆☆☆☆☆まるで映画のセッティングのような町のボスのオンナに手をつけてしまった支配人。その落とし前から逃れるために、伝説の男を知っていると言ってしまい、5日以内に連れて来いと…。困った彼の秘策は、映画俳優にヒットマンを演じてもらうこと。真実を告げずに、演技する俳優。でも、だんだん何が真実か嘘かわからなくなって…。もう。そのどたばたときたら!!さすが、三谷幸喜です。もう上映中、声を出すつもりもないのにゲラゲラ笑いどおし。それでいて、信じた道を進んでいくことの大切さがにじみ出ていたり…。
そうそう。ワンシーンしかないのに、そのシーンのために出ている役者のすごいこと!後から、「え? この人出てた?」という人も。もう一度、じっくり観て確認したくなってきます。
おいしいブログそろってます→ いつも遊びにきていただきありがとうございます。気に入ったら1クリックお願いします
ジョイナスの構造上、ちょうど三角スペースになる場所があり、ここをそのままま「三角コーナー」と呼んでいるのですが、
野菜のそれぞれの旨味が生きているのが、なんともうれしく、そして、カレーのソースにもマッチしています。
泡盛の数といい、雰囲気といい、思い切り沖縄になっていないところが、かえって沖縄への想いがつのります。
ちゅら屋横浜市西区南幸1ノ5ノ1、相鉄ジョイナス地下1階営業時間 午前11時〜午後11時(ランチは午後4時まで)おいしいブログそろってます→ いつも遊びにきていただきありがとうございます。気に入ったら1クリックお願いします
席に着くとおしぼりを出してくれるのですが、このおしぼりがペパーミントの香り! 一瞬、癒される気持ちになれるサービスです。
手ごねのハンバーグもゴロリとまん丸のボリューム。あれこれ気になるメニューがそろっていました。焼酎も充実しているので、夜もしっぽりと時間を過ごすことができそうです。
店内は、木枠のガラス戸などがある落ち着いた雰囲気。お昼ごはんのメニューは8種類くらいあって充実しています。
サラダもたっぷりあったり、ご飯の大盛りが無料だったりと、腹ペコな人には、結構うれしいランチタイムかも…。
たいていの日本のメキシカンレストランでは、トルティーヤは人数分しかなく、おかずが多くて追加オーダーしてしまうことが多いので、
ひき肉のタコスソース、ビーフファフィータ、ポークファフィータ、チキンファフィータ、ポークカルニタス、チキンカルニタス。
レタスや水菜、そしてセロリがあるのが魅力。ダイコンやニンジンのスライス、ポテトサラダやマカロニサラダ。
タコス作りもなんだか楽しい。どの具で食べようか迷いながら、グリーンチリもたっぷりと盛ってテーブルに着きます。
サクサクのハードシェルの味わいもいい塩梅。フライドチキンはカリカリのクリスピーな衣とジューシーな肉汁がしたたる味わい。
いつでもアツアツで食べられて、おこげなんかもできるとお米を主食としている人間にはなんともウレシイものです。
知らず知らずのうちに鉄分やカルシウムなどなどを取り入れていると考えると、なんだか、いいランチをしたような気になれました。
映画ウンチク21−ラスベガスをぶっつぶせ−☆☆☆☆マサチューセッツ工科大学に通うベン。その後ハーバード大学への進学が決まったものの、彼にはお金がない。数学的な頭の回転を見出した教授ミッキーに誘われて、ブラックジャックをカウンティングでボロ儲けする術を学ぶ。人生が一気に変わる。そして、もちろん墜落も…。でも、ベンはまだまだ若い! ラスベガスの賭け事をテーマに、どうやって数学的にカードを読み込むのか、ついつい映画の中から見出そうとしてしまいます。ラストのどんでん返しも、なかなかです。おいしいブログそろってます→ いつも遊びにきていただきありがとうございます。気に入ったら1クリックお願いします
赤坂サカス。赤坂のBizタワーができて以来、赤坂見附から赤坂へ向かう道沿いがなんだかきれいになったような気がします。
1階のスタンディングで先に料金を払うと、サクサクとカレーセットを作ってくれます。その間もちょっとおしゃべりをしたりと、雰囲気はスタンディングそのもの。
ネパールカレーは、サラサラだけど、タマネギなどの野菜がたっぷりと形がなくなるくらいまで煮込んであるので、ボテッとした感触。
窓越しに座って、格子から外を眺めながらのコーヒーは、気持ちがスーッと軽やかになるひとときとなります。

 

[ 81] 今日のお昼は何を食べましたか?
[引用サイト]  http://sayupapa.cocolog-nifty.com/oisiimono/

本日は、たまたま本町方面に用事があったため、お昼も本町で食べることにしました。「二鳥目」の前を通ると、ランチタイムののぼりとメニューが出ていました。
ランチタイムのメニューはこちらの3種類で、いずれも980円です。ご飯とお味噌汁のお代わりが自由というのもうれしいです。
海鮮丼は、メニューの写真と比較すると、ややおとなしい感じです。あわびは小さいですが、値段が値段なので・・・・・・!
角度を変えて見てみます。サーモン、マグロ、海老が二切れ、あわび、いくらです。いずれのネタも新鮮で美味しかったのですが、特にマグロが良かったです。
この海鮮丼の他に、活イカ定も980円で食べられます。目が飛び出るくらい高い○○の食堂で食べるよりも、安くて良いのではないでしょうか?
本日は、父の日でした。父の日のプレゼントということで、棒二で財布を買ってもらいました。使いなれた財布ですが、久しぶりの更新です。 そんなことはどうでもいいことなので、本題に戻ります。実は、「お昼は、父の日だから、お父さんの食べたいものを食べに行こう!」と、奥さんが言ってくれました。「おー、それなら何にしようかな〜」と考えていると、「バイキング、バイキング!」と娘達の合唱が始まります。結局は、「父の日に、父の威厳はまるでなし!」です。
というわけで、バイキングに行くことにしました。行ったのは、フィットネス330の10階にある「いちばん」です。窓からは、函館港が見えます。また、函館山の景色をバックに焼き物コーナーがあり、その場で焼きたての料理を食べられます。本日は、おろしハンバーグでした。
早速料理を取ってきます。カロリーオーバーを避けるため、サラダは欠かせませんが、野菜の種類は少ないです。右下が焼きたてのおろしハンバーグです。味は、まずまずでした。
本日のパスタは、クリーム味のシーフードパスタでした。出来立てだったせいか、今日一の美味しさでした。
自分で、麺を水にさらし、具を盛り付けてタレをかけます。麺の腰は抜け気味ですが、酸味が程々のタレのせいもあって、普通に美味しかったです。思わずお代わりしてしまいました。今日ニでした。
そして、何と言っても娘達のお目当ては、パフェコーナーです。アイスの種類は3種類と普通ですが、クリームやらチョコやら飾りつけができるので、楽しいようです。二人の娘は、恥ずかしくなるくらい何度もお代わりしていました。
料金は、大人1,050円、小学生525円でしたが、この値段ならまずます満足できる内容だと思います。パスタが美味しかったせいもあるかもしれません。バイキングの場合、一品でも口に合うものがあれば、満足度が上がるようです。
ところで、馬りんさんの記事(こちら)も参考になります。女性だけあって、さすがにパフェの盛り付けが綺麗です。
実は、これ、去年オヤジさんのブログ(こちら)で、見かけていたのですが、昨年は行く機会がありませんでした。今年は、是非、行ってみます。
味は、全国チェーンそのものだとは思いますが、ランチセットは、値段と比較して満足できる内容だと思います。特にお子様ランチと女性限定のレディースセットは、お得です。奥さんも満足のセットでした。
噂に聞いていた麺は、ちょいと柔めではありますが、ボリュームはかなりのものです。あわび山荘で朝ご飯をたくさんたべたこともあって、お腹がはち切れそうです。なお、さすがにスープを全部飲むことはできませんでした。
こちらはオーソドックスな中華麺(650円)です。いずれのラーメンも麺が二玉入っているので、ボリュームは満点です。
今日も、たくさんのお客さんで賑わってた「大勝軒」です。東京のお店から暖簾分けしたとの噂ですが、本物の大勝軒で食べたことがないので、味の比較はできません。
この日、せたな町大成区の「あわび山荘」に宿泊しました。施設は古い物の、ロビーや部屋はゆったりとした作りで、たいそうくつろげました。お風呂も源泉掛け流しでしょうか、熱くて良い温泉でした。
さて、お楽しみの夕食ですが、この日は、個室でゆったりといただきました。特別に料理を追加したわけではなく、通常料金ではありますが、7品くらいの料理が並び、なかなか豪勢でした。
生ビールをもらった後は、途中のサンクスで買い求めたワインと焼酎で宴会を続けます。あわびの特別料理をもらわなくても、十分に満足できる味とボリュームでした。ご飯を食べたらお腹がいっぱいになってしまいました。
ご飯のおかずになる料理が中心でした。一品一品の味も良かったです。ただし、パン食の人にはつらいかも・・・・!
というわけで、かなり満足度が高かった「あわび山荘」を報告させていただきました。大成方面で泊まりの時は、また行きたいです。
この日は、長万部から今金町に向かいました。お昼は、クアプラザピリカで食べようと思ったのですが、団体のお客さんでいっぱいだったため断念し、今金町内に向かいました。しかし、なんと「せんなり」も満員でした。というわけで、前回行って評価の高かった「田なか」(こちら)に行きました。
長万部から今金に向かう途中、車中でカニめしの話をしていたためか、メニューを見たとたん、カニめし(950円)が食べたくなりオーダしました。なお、椀は味噌汁ではなく、鮭汁で、これがまたとっても美味しかったです。
カニの身がびっしりと載っています。ご飯に味は付いていませんが、カニの身には、薄い味がついていて、これならいくらでも食べられそうです。
カニの身のアップです。上品な味わいで、長万部のカニめしに負けないくらい美味しい(言い過ぎかも!)カニめしでした。
今金町には、なかなかこれと言った名物がありませんが、こういうカニめしのようなメニューの中から、何か特産品が登場してくれれば良いと思いました。
この店は、セットのお寿司はなく、自分の頼みたいネタを伝票に書き込みます。まずは、ビールをもらい、たこ(110円)、さば、まぐろ、穴子(各220円)を注文しました。実は、初めてだったのと、値段も安くはないと思い込み、ブログで報告する意欲も失せ写真を撮りませんでした。
お寿司は、それぞれ2貫ずつ出てきます。たこは身が厚く、鯖は酸味が控えめ、マグロは濃厚、穴子はカリッと、シャリは柔らかく・・という感じで美味しかったですよ!
というわけですから、自分が食べたお寿司8貫の値段は、1,540円ではなくて、770円だったんです。うそ、安い・・・!どおりで、家族連れやらアベックやらで混んでたんだと後になって納得した次第です。
こうなったら、また行かなくてはなりません。あと4貫くらいは食べられます。次こそ、写真を撮ってきます。
つぶは、ご飯に味がついていて、つぶが一欠片入っています。味付けも良く、美味しいおにぎりだと思いました。
えび天おにぎりは、“函館でなぜえび天?”と、かすかな疑問を感じつつも、まずまず美味しくいただけました。なお、表面に醤油ベースのタレがまぶしてありますが、ご飯そのものには味はついていません。
最後に、焼鮭ハラスですが、使っている鮭はトラウトかな?自分の苦手な部類です。値段が高い割には今ひとつでした。
なお、これまで食べた中では、いかいかご飯、つぶ、・・・・・えび天、・・・・焼鮭ハラスの順番で美味しかったです。
本日は、こないだ北海道新聞のみなみ風に載っていた「なんでもいい屋」(函館市五稜郭町30)に行きました。
もちろん、普通のメニューもあります。ラーメンなどが480円からと安めの値段設定です。なお、この他にゴジラカレーと称する激辛メニューもあります。
カツは揚げたてで美味しかったです。昼間は、コーヒーも無料で飲めるので、この値段ならお得ではないでしょうか?
なお、巨大盛りメニューですが、成功者と失敗者の人数がお店に張ってありました。ラーメンや焼きそばなどは、ほとんど成功しているようですが、ご飯物は失敗している人も多いようです。自分は2圓累嵌咾鮨べる自信は全くないので、我が社の若手にチャレンジしてもらいます。
本日は、お昼は家で食べる予定だったのですが、ご飯支度の都合で、やっぱり外で食べることにしました。午後からの自分の予定の関係で、「やまに」(北斗市七重浜)に行きました。ちなみに320円定食のことを書いた前回の報告はこちらです。
単品のそば(220円)です。前回も書きましたが、立ち食い蕎麦より安い値段で、下手な立ち食いそばより美味しいです。
本日は、家族4人で計1,400円でした。安いです。しかも値上げしていないというのはうれしいです。以前、新聞にも出ていましたが、旅館を経営しているためにこの値段で出来るとのことです。できれば、このままの値段で続けてくれたらと思います。
美味しい物を食べに行くという目的になじむ店ではありませんが、この値段には驚かされます。わざわざ行くこともないとは思いますが、また、機会があれば行きます。
ネタ切れのため、こないだ函館駅のコンビニで見つけた”函館おにぎり”を報告します。函館おにぎりのいかいかご飯(140円)です。汽車の中で食べるお弁当を買うついでに一つ買ってみました。
いかいかご飯と銘打っていますが、ようは”いかめし”です。でも、これがなかなか美味しかったです。値段も安いし、これはお勧めです。
”函館おにぎり”は、ガゴメ昆布を混ぜ込んだご飯と地元で取れた美味しい食材を生かしたおにぎりとのことです。最近北海道では、○○カレーとか△△焼そばなど、地域限定メニューが流行っているようです。あまり凝り過ぎた企画はごめんこうむりたいのですが、”函館おにぎり”のような、シンプルな企画は、とても良いと思います。
久々に「ふきのとう」に行こうと富岡方面に向かったのですが、東富岡郵便局の近くにある「ままや」(函館市富岡町2丁目)に興味が沸き、入ってみることにしました。
メインの焼肉は、まずまずのボリュームです。おかずも手作りの味で美味しく、また、ご飯と味噌汁も美味しかったです。
本日は、久しぶりに「紅葉軒」(函館市函館市八幡町18)に行きました。 食べたのは、チャーシューラーメン(530円)です。もも肉のチャーシューが5枚入っています。毎度同じことを書いていますが、味は並です。味を追求する人にお勧めできるラーメンではありません。
小ライスを頼んだら、母さんお手製の漬け物をサービスしてくれました。人にはお勧めできないと書きましたが、母さんのこういう心配りが嬉しいお店です。
値上げラッシュの世の中ですが、「紅葉軒」さんは、ありがたいことに値段据え置きでした。今日も、チャーシュー麺と小ライスで600円と社員食堂より安いです。 もう少し暑くなったら冷やしラーメンが登場するはずですが、多分、この店より安い冷やしラーメンはないのではないでしょうか?(冷やしラーメン及びメニューはこちら)
とんかつは、大きく、厚みも十分です。とんかつは、からりと揚がっていて、柔らかくとっても美味しかったです。
前回は、ご飯があまり美味しく無かったのですが、今日のご飯はとっても美味しかったです。お味噌汁、キャベツと共に、お代わりしてしまいました。
本日はとっても混んでいましたが、これだけの味を500円で食べられるのですから当然だと思います。できれば、満36周年記念でも500円フェアをお願いしたいです。
本日は、偶然通りかかった「宝旬」(函館市富岡1-6-8)に入ることにしました。何の予備知識もありませんでしたが、まあ時には冒険も必要です。お店は広くはありませんが、常連さんらしきお客さんでいっぱいでした。
どこもかしこも値上げラッシュの世の中ですが、なんとこの店の塩ラーメンは350円という破格の値段です。チャーシューラーメンでも550円と格安です。たぶん、ずっと値上げしてないものと思われます。
もりラーメンだけなら、こないだ行った「一徳」(こちら)の方がお勧めではありますが、他のメニューにも興味があるので、また行きます。350円ラーメンの味も確かめたいです。
「一徳」もそうですが、こういう味のある食堂がまだまだ函館市内にあるということを知って、なんだか嬉しい気持ちになった今日この頃です。
本日のお昼は、「ブルスタ・テラス」(函館市中道町)に行きました。オープンの時以来ですが、ランチメニューはがらりと変わっていました。(以前の報告はこちら)
しかし、何とデジカメを忘れてしまい、写真を撮ることができませんでした。下の写真は携帯で撮った寿司8貫(599円)です。味もまずます美味しいし、何より、この値段でお寿司が食べられるのはうれしいです。
今日の第一の目的は、娘達の好物のイクラ丼(599円)を食べるためです。値段の割にはイクラの量もありました。娘達も満足していました!携帯ではなかなか良い写真が撮れないのが残念です。
グラタンとパスタも注文し、少しずつ食べましたが、写真は撮っていません。ちらしで見ている方もいると思いますが、ランチメニューは新しくなり、以前よりボリュームアップしているようです。今度は、デジカメを忘れないようにします。
26日の月曜日からリニューアルオープン記念の半額フェアを開催していた「食事処 八十八」(函館市五稜郭町31)にやっと行くことができました。外見とメニューは、こちらを参考にしてください。
もりそばを食べると言っていた娘達には、それぞれ天ざるそば(800円→400円)を頼みました。そば屋ではないので、このくらいの味なら満足できるレベルだと思います。
あんかけ焼そばとの違いは、麺の代わりにご飯が入っています。まずまずの美味しさでしたが、この餡は、もしかしたら業務用かな?とも感じさせる味でした。
それにしても程々の味で、ボリュームも十分で、なおかつ半額というのですから、太っ腹なお店だと思います。気になるところは、ありきたりなファミレスと同じような味がするところで、もう少し手作りの味というか家庭の味というか、そういうものを感じさせてくれれば良いと思ったのですが、贅沢かもしれませんね! いずれにしても、明日から通常料金になります。半額フェアの時の客入りとはいかないまでも、そこそこのお客さんで賑わって欲しいと思います。
本日は、午後からの仕事の関係で、「巴屋」(函館市亀田本町34-3)から出前を取ることにしました。昨年の10月にお店で食べて以来(その時の報告)です。 前回と比較して、50円程値上げしていました。仕方がないというよりも、今まで安い値段で頑張っていてくれたことを評価すべきですね!下の写真は新しいメニュー表ですが、値上げしたとはいえ、安い部類だと思います。
今回出前をとった方々の評判は上々でした!この値段で出前をしてくれて、しかも味もまずまず良いとあっては、リピ決定です。次は、かつ丼単品か親子丼単品でも食べてみます。
数日前のことですが、会社の仲間数名とやきとりを食べるために「わたなべ」(函館市本町32)に行きました。
人気のお店のようで、店内は既にほぼ満席、かろうじてカウンターに座ることができました。メニューはこちらです。
食べたものをご紹介しましょう!やっぱり函館でやきとりと言えば豚ですね!下の写真は2人前のうち、1本食べた後です。生肉しか使っていないという話を聞いていましたが、さすがにジューシーで美味しいです。
ここは、評判どおり、とっても美味しいやきとり屋さんでした。やきとりは2本で240円〜260円とお得感がないように思うかもしれませんが、1本のお肉の量が多いので、結果としては安いです。いつも混んでいる理由がわかりました。また行きます。 なお、このお店は、『函館 Glass Life』(こちらの記事)さんに教えていただきました。 美味しいやきとりでいい気分になった我々は、いつものように「さんたて」へ・・・・、お酒を2杯いただいたあと、メニューにはない、たぬきそば大を食べてこの日が終了です。
本日は、今金町で仕事でした。お昼は、今年の冬にオープンしたホテルいまかねの「レストランばろん」に行きました。
こちらは、同行者が食べたかつ丼(800円)です。まずまずとのことですが、ちょっと火を通し過ぎとのことでした。
カツカレーのアップです。カレーはごく普通のカレーです。レストランということは意識しない方が良いかもしれません。ただし、味は悪くはなく、ちょっと辛めでいい感じでした。
今金町で仕事をする機会が多いのですが、まだ行っていないお店が何軒かあります。近いうちにそれらの店にも行ってみようと思います。
こちらが松前ラーメン(800円)です。豚骨のスープに魚介が入っています。これに小ライスが付きます。なお、麺は白っぽい麺で特徴があるようです。
ズワイガニの足も入っています。この他に、海老やイカ、買やつみれ、豚肉なども入っており、濃厚な魚介スープです。美味しくてスープも全部飲み干しまし。お腹いっぱいです。なお、麺は、松前ラーメンと違って普通の麺です。
松前町に来る機会は少ないのため、どんなお店があるのかも分かりませんでしたが、浜ちゃんぽんなんていうのも有名なようですね!次に、松前町に行く機会があれば、「浦里」あるいは、他の店にも行ってみたいと思います。
昨日の夕方、本町方面に向かっていたら、こんなお店に遭遇しました。五稜郭近くのハセストの向かいです。
ってなことを書いていたら、我が社の”森町から遠距離通勤しているK氏”が、早速行ったようです。お店の外観です。
メニューの写真を撮ってきてくれたので、載せておきます。まずは、ラーメンから!大盛り200円増しで2倍というのが気になります。
これらが31日までの間、すべて半額(飲み物を除く)になります。これはもう、行かなきゃ損ですね!でも、自分はいけないんですよ、悲しい・・・・・・・・・・!
本日は、恵山につつじを見に行きました。本当は明日のつつじ祭りに行こうと計画していたのですが明日の天気は雨のようなので、本日にしたわけです。しかし、函館は天気が良かったのものの、恵山はガスがかかっていて寒かったです。山頂の天気が良かったのが救いでした。
この日は、お客さんが多く、ラーメンとうどんくらいしか出来ないとのことでした。かなりの待ち時間を経て運ばれてきた、がごめ味噌ラーメン(850円)です。
ラーメンにがごめ昆布が練りこまれています。本日の麺は、どろっとしていて、一部がだんご状態になっていました。
この日の恵山の天気のようなラーメンの味でしたが、お天気がよければまた違った味なのかもしれません。我が家が行くことは、もうないとは思いますが・・・・・・・・!
本日は、長万部方面で仕事でした。お昼は、「やっぱりグラスかな!(こちら)」とも思ったのですが、まだ行っていない「長万部物産センター」のかにめしバイキングに行くことにしました。
実は、あまり良い評判を耳にすることがなく、不安もあったんです。いろいろなメニューもあるようですが、ランチタイムはバイキングが中心となります。
サラダや漬け物、梅干し、定山渓産地鶏の生卵などもあります。この他に、コーヒーやジュース、ケーキ(少しだけど)などもあります。
おかずは、ご飯のおかずになる物が多いです。イカの煮付けやホルモンとニラの玉子とじが美味しかったです。
肝心のかにめしです。せいろで蒸しているかにめしは、ややかにの味が濃いものの、まずまず美味しくいただけます。
自分としては、980円のバイキングとしてなら満足できる内容だと思います。今回の失敗は、おかずを取りすぎたことです。今度行ったときは、おかずはほんの少しにして、かにめし、ほたてめし、定山渓産地鶏の生卵ご飯を中心に食べることにします。
なにかのブログで、「みのや」の親子丼が美味しいという情報を目にしたので、行ってきました。久しぶりの「みのや」(函館市田家町2)です。
親子丼を食べるつもりで行ったわけですから、親子丼を食べるべきなのですが、そばも食べたくて親子丼セット(730円)を食べました。 そばは、抹茶そばなのですが、食感やこしといったところでは、今ひとつの印象を拭えません。そばつゆは美味しかったです。
天ぷらそば+きつねです。320円と他の立ち食いそば屋さんのかけそば並の値段です。そばは、立ち食い蕎麦ならではの普通っぽさですが、だしは美味しいと思います。いずれにしても、値段の割には十分満足できるお蕎麦です。
「安い、普通に旨い、早い」ということで、お勧めできる一軒です。場所柄、心配なところはありますが、この値段でこの味なら、流行って欲しいお店です。
本日は、八雲町熊石で開催された「あわびの里フィスティバル」に行ってきました。会場には、まだ桜が咲いていました。
実は、餅まきでまかれた袋の中に、生あわびと引き換えてくれる券が入っているのですが、我が家ははずれでした。でも、一緒に行ったご家族からご馳走になりました。会場には、自分で焼ける焼台があります。
この他に、あわびラーメンやあわび入りの海鮮鍋、タラバ足焼きなどが売られているのですが、お腹一杯で食べれませんでした。
最後にビンゴゲーム(300円/1枚)があったのですが、下の娘だけがあわび2個と貝5個が入ったセットをゲットしました。お天気も良く、とっても楽しいあわびフェスティバルでした。来年も行きたいです。
本日は、ラーメンが食べたくて「廣淋」(函館市富岡町2丁目)に行きました。赤川通りを走る度に目にしていたお店です。
ラーメンは普通サイズです。たっぷりのスープがうれしいです。中華料理としてのラーメンですので、あっさり味ですが、普通に美味しいです。
中華飯は、ミニサイズとはいえ、ラーメンのボリュームもあるので、全部食べたら、お腹がいっぱいになりました。中華飯の味もラーメン同様、普通に美味しいです。
店内は狭いですが、出前の注文がひっきりなしに入っていました。値段、味、量共に満足できる内容なので、また行きます。今度は、五目ラーメンでも食べてみます。
美味しい話(旭川近郊編)旭川近郊の美味しい物の情報です。一覧表示になっているので、お店を探しやすいと思います。ブログのデータとリンクしています。(更新終了)
クリーマリ農夢牛をとても大切に育てている方のホームページです。美味しい牛乳やアイスクリームを作っています。

 

戻る

ディックのサイトです。

ディックのサイトです。